FC2ブログ
 
■カウンター

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■天気予報

■月別アーカイブ
■掲示板

■検索フォーム

■リンク
2009年 無意根~余市②
またいつか
振り返ると、今まで通ってきた稜線が。
その後ろに控えるのは無意根。

ツンデレ余市
余市も見える。あれをのっこしたい!

威風堂々という言葉がぴったり
羊蹄山までうっすらと姿を現し、さっきまでの天気が嘘みたい。
楽しい稜線歩きになりました。

♪登ることが辛いならいっそ小さく巻けばいい by あべ
いくつものポコを越えて。
でも晴れてると苦にはならない。

無意根とL-sL
美々内山ピークで撮影大会。
きれいな景色でした。巻かずに行って良かった!

この時は明るい未来を信じてた
近くて遠い山、余市と記念に一枚。

こんだけゲタになれば、そら重いはずやわ
美々内西コルは美しい樹林帯で、夕日も見れて幸せテン場。

しかしデジカメの電池と共に私たちの命運も尽き、不毛なステイ(実は大好き)の末にまさかの豊羽鉱山エスケープを余儀なくされる。あちゃー


最終日。やったー晴れてる (ノ≧∀≦)ノ
気温の上昇とともにデジカメも息を吹き返す。
さぁ、今山行のメインイベント(になってしまった)廃村探検へレッツゴー!

下山晴れはやっぱり気持ちいい
長い山行も遂に終わる。

危惧されたとおり人家など全くない豊羽でしたが、ヒッチで止まってくれた豊羽鉱山の社員の方になんと石山まで送ってもらいました。大感謝。
その後札幌の大将にてLの肉チャ修め、美食楼で大学リンゴ修めをした後、帰函。

しばらくパーティー3人とも自然と朝早く目覚めてしまう後遺症に悩まされましたとさ。


毎日日の出デッパのスパルタリーダー。
美々内山が最後のピークになるとは…

ピークこそ踏めなかったものの、札幌近郊の山々の雄大さを存分に味わえました。
楽しいテン場、おいしいごはん(自画自賛)、悶絶スキーと山の醍醐味が詰まった充実した5日間でした。

またひとつ強くなれた気がします。

エボラさん、あべさんどうもありがとうございました。そして卒部おめでとうございます!
引退だなんて寂しいこと言わず、また一緒に山行きましょう。


                            



スポンサーサイト



写真 | 01:08:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ